運営会社 お問い合わせ
トップ  >  進学をお考えの方へ

進学をお考えの方へ

学歴よりも資格の時代

新卒者の就職難と言われる昨今ですがニュース等で取り上げるのは大卒者の就職難についてのみが大きく報道されておりますが、はたして本当に新卒就職難なのでしょうか?
文部科学省の調べでは、大卒就職率は平成23年3月卒で61.6%と6割台に低迷しているものの、専門学校卒の就職率は75.4%と安定して高い傾向が見られています。
参照


採用をする企業側のニーズとしては若い人材で、なおかつ有資格者などの即戦力となりうる人材を希望している傾向があり、単に学歴偏重という参考基準から変化していることがわかります。
この専門学校の就職率はあくまで平均であり、医療分野などの専門学校では求人倍率(学生数に対する求人の割合)が24倍を越える学校まであり、まさに引く手あまたの現状になっております。
その為か大学に通いながら資格取得の為にダブルスクールを行うという学生さえもいるほどです。
確かに学歴というものは個人のステータスとはなりますが、仕事の現場では学歴だけではアドバンテージにはならず、資格や専門知識知識を有しているほうが就職には俄然有利になっています。


学校を卒業したあとにどの仕事につきたいかがはっきりしている方である場合、大学に進学するよりは専門学校にて専修教育を受け、資格を取得したほうが遥かに近道になっています。


大卒者の就職難がこれほどまで騒がれるのは、学歴偏向社会の中で育ってきた人々によって大げさに語られている側面があるようです、「学歴よりも資格」が重視される最近の現状から専門学校の存在価値がまた注目されています。

やりたい仕事への近道

つきたい仕事、将来なりたい職業が決まっている方であれば、大学に通い就職後に使わない知識までを学ぶよりは、即仕事で役立つスキルを早く身につけたいと思うはずです。
また専門学校の場合は大学と違い一般教養がないぶん、その科目に集中して勉強ができるというメリットがあります。
また仕事に必要となる資格を在学中に取得できるというのは、就職活動にしても、就業後の面からみても非常に大きなメリットになります。
各種専門学校ではこのように資格取得を目的とした授業が多く組み込まれています。
このため、したい仕事なりたい職業に就くための最短距離をいきたい人にとっては、専門学校は最適な修学先です。

奨学金制度を活用

専門学校のカテゴリーによりますが、医療関連の専門学校に進学したい方などには将来就職を前提とした奨学金制度を出している企業があります。
これにより学生の出費負担を減らしつつ、就職先の確定もできるため、多くの学生がこれを利用して資格取得にあたっています。
また企業の人材確保を目的とした、母体企業が開設している専門学校もこれら奨学金制度があることが多いため、費用負担が少なく尚且つ就職についても大きなアドバンテージを有した状態で修学できるというメリットがあります。


参照

オープンキャンパス

地図から探す
他のエリアのスクナビから探す
北海道 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
北海道 専門学校 入学資料一括資料請求
東北地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
東北地方 専門学校 入学資料一括資料請求
関東 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
関東 専門学校 入学資料一括資料請求
東海道 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
東海道 専門学校 入学資料一括資料請求
関西地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
関西地方 専門学校 入学資料一括資料請求
四国地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
四国地方 専門学校 入学資料一括資料請求
九州地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
九州地方 専門学校 入学資料一括資料請求
全国 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
全国まとめて専門学校入学資料一括請求
プライバシーポリシーリンクについてお問い合わせ掲載のご提案
スクナビは、各地域ごとで専門学校を紹介してます。 「地元沖縄県で就職したい」と思った時、沖縄県の専門学校の就職課が地元の企業にやはり詳しく、 企業側も地元沖縄県の専門学校の事はよく知っていると思います。各地域ごとにすばらしい専門学校があり、 それぞれの専門学校が各々に「就職に強い資格が取得できる」分野を持っています。 専門学校は文字通り、専門の資格を取得させるプロであり、その専門の資格を持って就職させるわけですから、 地域(沖縄県)の就職事情や企業のことも知っているわけです。 スクナビがお手伝いできるのは地元沖縄県の専門学校に進学するための入学案内や入学願書の資料請求の窓口だけですが、 ぜひ沖縄県スクナビで自分の描く就職への資格に向かって地元沖縄県の専門学校を探してみて下さい。
ページの先頭へ